脳の満腹中枢の暴走

満腹中枢って聞いたことありますよね?
実はこの満腹中枢が暴走すると肥満の大きな原因である「過食」を引き起こしてしまうのです!
それは大変なことですよね!?
ただでさえ、脚痩せ中だとなかなか好きなものを食べられない事で
ストレスもたまるのに・・・なんとしても過食は阻止しなければいけませんね。
脚痩せを成功させるためにも、早速詳しく見ていきましょう^^

脳には食欲のコントロールをつかさどる部分が大きく2つあります。
まず一つ目は空腹を感じると「食べなさい!」と指示する「摂食中枢」
もう一つは逆に満腹を感じると「食べちゃ駄目!」と指示する「満腹中枢」
この二つを合わせた総称は「食欲中枢」と呼ばれます。

この「食欲中枢」のうち今回は「満腹中枢」が話しのメインです
ここをしっかり理解すると脚痩せも実行しやすくなります^^

ここでトリビアを一つご紹介しましょう。
満腹中枢はシカゴの神経解剖学者ランソンとヘザリントンという
二人の教授によって発見されたそうです。

…世の中いろんな人がいますね(笑)
私の周りでは神経解剖するような人はいないですね

この2人の教授、めんどくさいんでここでは
満腹ブラザーと呼ぶことにしましょう

満腹ブラザーは猫を実験台として使い、
この満腹中枢の発見に成功したそうです。

どんな実験かというと、猫の視床下部の一部を破壊して
その後の食欲に影響がでるかどうかというもの。

視床下部の一部を破壊されたこの猫はその後1度に食べる量が
非常に多くなり、結果として見事なデブ猫に変貌を遂げました。

つまり満腹中枢を壊されたため、食欲のブレーキをなくして
しまったということになります。

こうして満腹中枢というものの存在が明らかになったのです。
このように私達の食欲は、満腹中枢によって
食べ過ぎないようにコントロールされているわけですね。

この満腹中枢が過剰なストレスにさらされると一大事!
場合によっては脳疲労を起し、暴走→過食につながります。

ダイエットと脳の意外な関係がここで明らかになりましたね^^
でもこういったダイエット雑学を知っとくのも、効果的なダイエット方法を
実践するうえで大事かもしれませんよ(笑)

満腹ブラザー恐るべしです。
脚痩せを目指す人たちにとってはとても重要な実験をしてくれたと言えますね。
デブ猫さんのようにならない為にもしっかり食欲中枢の事を理解しておきましょう^^

まぁ、大変ありがたいことを発見してくれた非常にお偉い教授らしいですから、
名前を覚えなきゃ失礼に当たる気もしますが・・・知ったこっちゃありません(笑)
私から言わせれば満腹ブラザーは満腹ブラザーです^^

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。